スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかえる白書67

 高校生頃までに「よそにはあってウチにはないイベント」が幾つかある事に気づいた。

 先ず、サンタクロースの来訪。

 他所には来るらしいサンタクロースは、いくつになってもウチには来ない。

 ……いやもっと極端な話、兄には不定期に来るらしいが、私には全く来ない。

 母に理由を訊ねたら、
「みかえるは悪い子だから来ないんだよ」
 と言われた。

 実の親がそう言うのだから間違いないだろう。

 サンタクロースは私のような「悪い子」に、プレゼントを贈る価値無しと判断したのだろう。

 ……そっか。じゃあ、仕方ないな。

 ……と、子供の頃は納得していた。

 因みにふたつ上の兄は良い子で、不定期に(年に何度か)サンタクロースからご褒美を貰っていた。

 野球特待で学費が掛からないというのは、折り紙つきの良い子だという事に違いない。

 何せ四半世紀以上前に、わざわざアメリカから「ローリングス社」のキャッチャー・ミットが届いたくらいだから。

 アルバイトをし始めてから一切お金は貰わなかったけど、「特待生」という冠がなければ、お金が掛からなくても「良い子」の仲間には入れなかった。

 私が一番驚いた「よそにはあってウチにはないイベント」は、母娘ふたりのショッピング。

 しかも、電車に乗って都会(東京とか、横浜とか)への。更に、見せびらかせる御品を買って貰えちゃったりする事。

 天地がひっくり返っても、ウチにはないイベントだ。

 母はよく私に、
「普通の子じゃない」
 と言った。
「普通の子なら良かったのに」
 と。

 もしみかえるが「普通の子」だったら、サンタクロースも来たし、母娘の買い物イベントもあったのだろうか?

 もし「普通の子」だったら、アルバイトで学費を稼がなくても良かったし、大学の入学金も用意されていたのだろうか?

 そう思うと、「普通の子」じゃない自分が嫌だったし、「普通の子」になれない自分が大嫌いだった。

 何回か診察を受けた精神科の女医が、
「貴女より、お母さんを連れていらっしゃい」
 と言った。

 物理的に「連れて来い」という事じゃなく、「原因は其処にある」という意味で。

 当時の私は「私が普通じゃないから全てが世間並みにならない」と思っていたし、「普通」でなければ市民権もなく、居るだけで家族や世の中に迷惑をかけるのだと思っていた。

 ……幼い頃から繰り返し繰り返し、「居るだけで迷惑」と言われ続けたから。

 だから、「普通」はないと識った時、やっと納得した。

 ……母は私を受け入れられなかったのだ、と。

Cosmos-Michael

応援、本当に有難う御座居ます。
真心より、感謝申し上げます。
お力を分けて頂ける方は、各バナーをそれぞれワンクリックお願い致します。 
申し訳ありませんが携帯サイトからは投票出来ませんので、拍手での応援を宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ
  FC2ブログランキングへ  にほんブログ村へ  精神世界ランキングへ
スポンサーサイト

みかえる白書66

 大切な存在が逝ってしまった時、何故だろう、何故逝ってしまったんだろうと自問を繰り返し、癒えぬ喪失感に哀しみを増してばかりいた。

 例えば、今年(平成十九年八月)十三回忌を迎える父。

 そして、今年で十六年目になる美声の芸術家。

 還ってしまったのは事実だし、納得している筈なのに、時折胸が締めつけられる程切なくなる。

 ……処が。

 『彼諭流』三部作を書いていく内に、段々整理がついてきた。

 勿論、亡くした傷みや切なさがなくなったわけじゃない。

 でも、「其れ」は「必要」だったのだ、と理解し始めた。

 亡くしたけれど、無くしも失くしもしていない、と。

 寂しさや切なさは変わらず押し寄せるが、哀しみは減った。

 誰が永遠の生をのぞむだろう。

 永遠に、此の器に留まる事を。やがて衰え朽ちていくのに。

 父も美声の芸術家も、病んだ器を脱いだ分、安らかである筈だから。

 亡くした傷みが辛いのは、其のヒトをより強く愛した証し。

 歎いてばかりいては申し訳ない。

 決して忘れず軽んじず、其の人生に感謝して、並べるような生を全うし、彼方で逢おう。

 ……其れこそ、最良の祝福になるだろうから。

 そう思うと、恥じない生を生き切る愉しみが増える。

 胸を張って同じ場所へ還れるように、其の歓びを実現する為に。

 そんなに風に思えるようになったら、愛しさは倍増し、出逢えた奇跡には感謝しかなくなる。

 此の経験をキチンと盛り込んで、より響くモノが多い三部作になるように、真心込めて紡いでいこう。

 亡くした哀しみより出逢えた歓びを分かち合い、感謝したいから。

Cosmos-Michael

応援、本当に有難う御座居ます。
真心より、感謝申し上げます。
お力を分けて頂ける方は、各バナーをそれぞれワンクリックお願い致します。 
申し訳ありませんが携帯サイトからは投票出来ませんので、拍手での応援を宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ
  FC2ブログランキングへ  にほんブログ村へ  精神世界ランキングへ

みかえる白書65

 ヒトは皆、生まれた時から還る時を目指して走る。
 時に緩やかに、時に全速力で走り、転んで擦りむいたり骨折したり、ビッコひきひき泣きながら進む時もある。

 還る時が何時なのか、産道をくぐる時に忘れてしまう。
 大抵のヒトは死なないように死なないようにおっかなびっくり進むのだが、文字通り逝き急ぎ、無謀な爆走をしてしまうヒトも居る。

 極稀に、死期を見詰めて生きるヒトが居る。

 特殊な能力とかを持ち、己の死期を知って居るヒトの事じゃない。

 其れは、死に至る病を発症したヒト。

 以前述べた「素晴らしい美声の天才的な芸術家」は、死に至る病を発症した。

 感染したと知り、適切な投薬を受けていれば結果は違ったのだろうが、どうやら彼は発症してから其の事実を認識したようだ。

 そして、カウントダウンが始まる。

 最晩年の彼については、傍に居た方達の手記やコメント、インタビューでしか分からない。

 だから余計に心を澄まし、遺された作品等から其の状況を読み取ろうとした。

 『彼諭流』には、三部作を通してAIDSで亡くなる青年が出て来る。

 『彼諭流』では名前だけ、『唯眞仁』ではサービスショット程度、今書いている『安津彌』では、ほぼ其の人生を綴るだろう。

 感染を知った時どれ程の衝撃があり、其れをどう処理したのか。

 感染後の交遊関係はどうだったのか。

 迫り来る死とどう向き合ったのか。

 ……全て推測でしかない。

 出演キャラクターの誰に乗っかればいいのか、正直手探り状態だ。

 既に出来上がっている場面を先に書いて間を埋めるのがみかえる特有の書き方だが、こんなに泣かなきゃ書けないお話しは経験した事がない。

 ……また目が腫れてしまった。

 休みの度に、症状が重くなる。

 死を見詰めて生きるって、どんなだろう?

 美声の芸術家は、どんなだったのだろう?

 病気そのものや感染ルートを、どんなふうに受け止めたのだろう?

 また、恋人とのやり取りや周りとの関係は、どんな風に纏めたら、此方の意図が伝わるだろう?

 所詮、全てが探りだ。

 仕上がったあと、ご指摘頂く部分がある事は覚悟しよう。

 差別表現でない限り、書き直すつもりはない。

 休みの日は、こんな状態の脳みそと共に在る。

 完全に「さっさと書き上げたい症候群」のノイローゼ状態だと確信している。

 どうか一日も早く「生業」になりますように。

 精一杯努力しますので、お見守り下さい。

 ……《天》よ!

Cosmos-Michael

応援、本当に有難う御座居ます。
真心より、感謝申し上げます。
お力を分けて頂ける方は、各バナーをそれぞれワンクリックお願い致します。 
申し訳ありませんが携帯サイトからは投票出来ませんので、拍手での応援を宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ
  FC2ブログランキングへ  にほんブログ村へ  精神世界ランキングへ

みかえる白書64

 お花屋さんで働いているとヒトの人生の色んな場面に立ち会う。
 中でも、最期を迎えられた直後に立ち会う機会が多い

 つい先日、お店に肩を落とした御婦人が来店された。

 ……お通夜用の花籠をご注文に。

 聞けば、昨夜孫娘さんを亡くされ、お通夜は自宅で行うとの事だった。

 私は勤め先の花屋さんのおばあちゃんと、若い娘さん用に出来るだけ清楚に可愛く仕上げられた花籠をお届けした。

 お宅に伺うと、玄関の上がり端で若い男性が、崩れるように腰を下ろして涙を流していらっしゃる。
 ……お兄様なのかな?

 お家の中に花籠を運ぶと、座敷にまだ若くて可愛いらしいお嬢さんが、色のないお顔で横たわっていた。

 お顔には傷ひとつなく、色さえあれば眠っているのと同じだ。

 傍には先程の御婦人と、お嬢さんのお母様が泣き崩れていらした。

 交通事故で即死、との事。

 婚約者である男性と一緒に。

 だから御葬儀は両家で一緒に行い、若いふたりを見送る事にされるのだそうだ。

 お線香をあげさせて頂き、お嬢さんに手を合わせた。
 ……本当に、眠っているようだった。

 帰り道。
 とてもやり切れない気持ちで運転していた。

 どんな事故かは知らないが、あのお嬢さんがどれだけ怖くて痛かったのかを思った。

 ……呼吸が苦しい。

 パニック症状が出るかもしれない。

 ひとりなら未だしも、助手席にはおばあちゃんが居る。

 ……我慢しなくちゃ!

 そんな葛藤の中、ふとおばあちゃんが言った。

「良いように考えるしかないね。一緒なら寂しくないだろうし、遺される方が辛いだろうから」

 流石、人生の大先輩。
 染み入る位、優しい響きに満ちていた。

 御葬儀に関わらせて頂く際、やはり御葬儀は「遺された方」の為のモノであり、お墓も同様だと感じていた。

 此れは、父を亡くしている自分自身にとっても同じだった。

 二度も事故に遭い、後遺症と付き合いながらも「生かして頂いた」のは、未だ此の世で修める事があり遺すモノがあるからだろう。

 ならばより真剣に、精一杯生きなくては。

 バケツの穴は、まだまだいっぱい開いたままだから。

Cosmos-Michael

応援、本当に有難う御座居ます。
真心より、感謝申し上げます。
お力を分けて頂ける方は、各バナーをそれぞれワンクリックお願い致します。 
申し訳ありませんが携帯サイトからは投票出来ませんので、拍手での応援を宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ
  FC2ブログランキングへ  にほんブログ村へ  精神世界ランキングへ

みかえる白書63

 現時点、私は「作家」ではあるが「文筆家」ではない。
 つまり「作家」で「書く仕事」をしているが、まだ「生業」にはなってない。
 でもプロだから、プロはプロなりに覚悟して書いている。

 『彼諭流』を出版し『みかえる白書』を連載し、色んな方から色んな感想・コメント・メッセージを頂いた。

 嬉しいのは「『彼諭流』や『みかえる白書』の内容について」より、読んで下さったあとの御自分の感覚を、御自分を振り返って気づいた事を報せて頂ける事だ。

 分からない部分は質問して下さるし、 出演キャラを御自分や知人に例えて理解されようとして下さったり、お気に召さない部分はズバリご指摘下さる。

 其の方なりに大いに活用して頂けるのが、何より嬉しい。

 ……だって!『みかえる白書』は兎も角『彼諭流』は千六百八十円も出費して頂いているのだから、活用して頂かないと勿体ない。
 作者でさえ毎回発見の連続、隠れた学びが溢れかえっているお得なお話なのだから。

 ……んな、バカな!と思われるだろうが、事実だ。

 私自身、おバカな自分が哀しくなる。
 でも、毎回発見があるのは『彼諭流』が書き上がった十年前から変わってない。
 だから、余計皆さんが反応や読後感覚を語って下さるのにワクワクしてしまう。

 だって、皆さんのお話しから、また新たな発見があるかもしれない。
 そうなると、イタイ指摘や質問も有り難くて仕方ない。

 読者の皆さん、辛口コメントお願いしますね。

 仮令『みかえる白書』の中でさえ、私が「絶対」であってはならないと思っていますから。

 ……な~んて☆

 足あとだけで素通りする方が多くて、ちょっぴり寂しかったりするもので……。

Cosmos-Michael

応援、本当に有難う御座居ます。
真心より、感謝申し上げます。
お力を分けて頂ける方は、各バナーをそれぞれワンクリックお願い致します。 
申し訳ありませんが携帯サイトからは投票出来ませんので、拍手での応援を宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ
  FC2ブログランキングへ  にほんブログ村へ  精神世界ランキングへ

みかえる白書62

 花粉症の季節が終わらない。(時は平成十九年四月)

 毎年の事とはいえど、ブルーになるのは否めない。
 でも今年、鼻方面は絶好調。
 詰まらないから呼吸は楽だし、喉も痛まない。

 思えば昨秋(平成十八年九月)タヒチアンノニジュースを飲み始めてから、ブタクサのアレルギー症状は気付かないくらい出なかった!
 冬場の喘息発作も大晦日の一回しか出なかったし、パニック症状は本当軽くなった。
 ……此の分なら、梅雨時期の喘息発作も期待出来るかな。

 でも、全てが治まっているわけじゃない。
 一番弱い目の回りの皮膚が、おもいっきりただれて腫れている。
 こうして書いている間も、片目ずつアイスノンで冷やしている。

 ……花粉症の所為ばかりじゃないな。今日は休みで『安津彌』を書いていたから。

 其れでも例年より軽く済んでいるのはタヒチアンノニジュースやノニ入り石鹸のお陰だ。
 此のまま飲み続けたら、来年はもっと軽くなっているかも、と期待している。

 さて、独白反省会をしよう。

 二週間位前、mixiであちこちに足あとつけてお邪魔していると、何やらメッセージをお預かりしてしまった。

 全くお知り合いではない方なので躊躇し捲くっていたら、「届けなければならない学びです」と仰せになる。

 でも、嫌だよ。

 子供の頃からずっと、こうゆう時って必ず凹む学びが用意されてるんだもん。

 だから10日位手を付けないで居た。

 すると、今度は「断る自由はありません」と仰せになられ、更に「選んだ学びを棄てますか」と仰せになられ……。

 で、本当は物凄く後ろ向きな気持ちのまま、全くお知り合いでない方にメッセージを送ってしまった。

 ご挨拶ついでにお届け出来る内容とは思えなかったので、取り敢えず、一言だけお伝えした。

 ……しかも、作家の割には可成の駄文で。

 お返事が、来ないで欲しい来ないで欲しいと願いながら時間は過ぎ、やはりお返事は来てしまい、お預かりした内容を全てお伝えしてしまった。

 多分、きっと響き合う処は少ないだろうと思っていたけれど、多分凹む事が多い学びだろうけど、必要な学びならさせて頂かないとまた逃げられない状況が訪れるだろうな、と覚悟してマイミク申し込みをした。

 アーユルが「不自由を知らぬ者は、自由を知る事も出来ません」と言ってたっけ、《天》の絡繰の中に入る時期なんだな、と思いながら。

 やはり《天》の絡繰、落とし穴がいっぱいだ。

 発見も再確認もいっぱいだ。
 ついでに反省とバケツの修繕もいっばいだ。

 メールやらネットのメッセージには、驚く程「念」が乗る。

 多分私も目一杯乗せてコメントしてしまった。

 私としては、ちょいと目を潰れない内容だったので。

 だからさ、其れを学ばせて頂いたわけだよ。

 書いていて気持ちよいコメントじゃなかったんだけど、コメントしたら危険を感じるって分かって貰えるかなって思ったのだ。

 だが、段々「赦せない」という気持ちが高まって、可成キツイ内容になってしまった。

 コメントじゃなく、メッセージにして其の方だけにお伝えすれば良かった。

 ……反省。此れは本当に反省。

 書いた内容は、書いてしまった以上取り消すつもりはないし、正しいとは言えなくても私の本意だから、間違っていても 取り敢えず書いた時点では自分なりの真意を書いたから。

 でも、気をつけなきゃいけないな。

 「其の方」を攻撃するつもりじゃなくても、日記の内容へのコメント次第じゃそう思われても仕方ない。

 其れを回避する意識を持たなければより危険性が高まってしまうから。

 有り難い学びを修めさせて頂きました。

 「其の方」には感謝です。

 あとは此の事実を受け入れ・把握し・理解して、よりヒトに伝える真心を磨いていかなければ。

 未だ未だ成長の余地有り、という事だ。

Cosmos-Michael

応援、本当に有難う御座居ます。
真心より、感謝申し上げます。
お力を分けて頂ける方は、各バナーをそれぞれワンクリックお願い致します。 
申し訳ありませんが携帯サイトからは投票出来ませんので、拍手での応援を宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ
  FC2ブログランキングへ  にほんブログ村へ  精神世界ランキングへ

みかえる白書61

 前世の記憶について、感心を持つ方が増えている。

 少し前には「前世占い」などが流行り、占い師に「貴女の前世はお姫様です」と言われて喜んでいるヒトを何人も観た。
 ……其の話しが本当なら、昔は随分沢山お姫様が居た事になるが。

 十一歳の或る日、意識が振り返って歴代の自分の姿を観た。

 其の頃は未だ前世なんて言葉に触れてなかったから、
「自分がやってきた自分で、今の自分じゃない自分だったヒト達」
 のように思っていた。

 因みに、前世を憶い出すのはあまりお勧め出来る事じゃない。

 大抵失敗した事や辛かった事、後悔している事の印象が強い。

 ざっと其の人の生全てを観ても、殆どの場合、良い印象はあまりに少ない。

 やり残した事が今生に大きな影響を及ぼしている場合を除き、カウンセリングの時も説き明かしする事は少ない。

 ただ「学びを修める為に転生する」という観点から『安津彌』では「生まれ変わり」を取り入れている。

 あとがきで出すQuizは「さて、誰が誰の転生でしょうか?」だ。

 此れがしっかり決まった時、『彼諭流』三部作のジグソーパズルがピタッ!と嵌まり、母も感嘆する程見事な世界感が完成した。

 全く揺るがない。エピソードがぶれない。予想を超えて繋がっていく。

 其れで識った。

 だから、ヒトは生まれ変わるのだ、と。

 輪廻から外れるのを夢見ながら学びを修める為に、其れも、一度に学びを修め切るには器の寿命が短か過ぎるから、過酷な作業と知りつつも何度も此の世にやって来るのだ、と。

 何時か、もう生まれ変わる必要がなくなるか、生まれ変わる事が赦されなくなるまで、此の作業は続く。

 あづみの言う、
「何処にでも行けて、何にでもなれて、どんなモノでもなくなれる」
 究極の自由に辿り着けるまで。

 さて、今回どの辺りまで修められるだろう。

 愉しみでもあり、恐ろしくもある。

Cosmos-Michael

応援、本当に有難う御座居ます。
真心より、感謝申し上げます。
お力を分けて頂ける方は、各バナーをそれぞれワンクリックお願い致します。 
申し訳ありませんが携帯サイトからは投票出来ませんので、拍手での応援を宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ
  FC2ブログランキングへ  にほんブログ村へ  精神世界ランキングへ

みかえる白書60

 平成十九年四月現在、私はお花屋さんで使って頂いて、週に一日か二日お休みを頂いている。

 休みの日は、大抵『安津彌』を書いている。

 『安津彌』は『彼諭流』や『唯眞仁』より、書くのが無茶苦茶難しい。

 物語中の時間設定が三つに分かれているから、エピソードが前後しないように『彼諭流』『唯眞仁』を読み、クリアファイルを時間設定通り三つに分けている。

(分かり易くする為に、勿体無くも《Queen》の三つ時代のお姿を表紙に使わせて頂いている)
 難しい。

確かに無茶苦茶難しい。

でも無茶苦茶愉しいし、無茶苦茶面白い。

書いていると、あっという間に時間が過ぎ、気がつくと夜になっている。

 風呂に入って、食事して、『みかえる白書』を書いてmixiに載せたら、もう寝る時間。

 休みはあっという間に終わってしまう

 書きたい。

 ずっと、ずっと、スランプで(未だ経験した事ないが)書けなくなっても書いていたい。

 今すぐは無理だけど、そうやって暮らせる日が早く来て欲しい。

 何故こんなに面白い物語が生まれたんだろう?

 最初は夢で観た「儀式1」と「逃走」と「儀式2」の三場面……、原稿用紙わずか十八枚分のお話しだった。

 其れを物語(『彼諭流』の事)に纏めたら、前後に四つの時間のお話しが出て来て、『彼諭流』中心に全部で五つの時間の物語が出来上がった。

 時間が古い順から1、2、3、4、5とすると、3が『彼諭流』で4は『唯眞仁』だ。

 つまり『安津彌』で書くのは、残りの1、2、5の時に起こった事。

 しかも哀しい事に『彼諭流』『唯眞仁』のキャストはほぼ全滅に近く、『安津彌』は新人ばかり扱わなければならない。……キャストほぼ全員、人物設定から作り直しなのだ。

 前にも述べたが、『安津彌』のキャストはなかなか自分の事を教えてくれず、しばきたおしたい衝動を抑えるのが難しい。

 設定通りに書き上げないと全く意味が通じなくなるのに、適当にぶった切ってポイしたくなってしまう。

 「アーユルは素直で可愛かったのに……」

 と、込み上げる涙を抑え切れない。
 『彼諭流』の「己に尋ねよ」、『唯眞仁』の「あんた、誰?」に続き、『安津彌』のKeywordも決まった。

 何なのかは『安津彌』までのお愉しみに取っておいて下さい。

 無事書き上がって三部作完結編の出版が決まったら、あとがきでQuizを出してmixi上での回答を受け付けたいなぁと思っている。……其れまでにコミュニティ作らないといけないな。

 何方かお助け頂けないだろうか。

 頭の中は台詞でいっぱい。

 目の前には各場面の幻影が浮かび、奴らが会話を交わす幻聴がする。

 もっと書く時間を与えないと、天乃みかえるはノイローゼになってしまうかもしれない。

Cosmos-Michael

応援、本当に有難う御座居ます。
真心より、感謝申し上げます。
お力を分けて頂ける方は、各バナーをそれぞれワンクリックお願い致します。 
申し訳ありませんが携帯サイトからは投票出来ませんので、拍手での応援を宜しくお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ
  FC2ブログランキングへ  にほんブログ村へ  精神世界ランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。